ミセス・ロウのシンガポール/石垣島デュアルライフ

50代から二拠点生活。都会&田舎で暮らす。

ミセス・ロウ略歴

1963年 静岡県生まれ。

1987年 早稲田大学第一文学部哲学専攻を卒業。ニューエイジ関連の編集プロダクション、コンピュータソフトウェアの社団法人、マーケティングリサーチ会社を経てフリーに。バブル時代は翻訳、マーケティングリサーチ、広告制作(コピーライティング)、出版業界でのライターなどで生計をたてる。

1994年 香港中文大学普通話学科に留学。北京語を学ぶ。

1996年 香港で日系専門商社に就職。香港、中国本土、マカオで営業。

1997年 返還後の香港から大晦日に日本に帰国。家業の繊維工場の四代目経営者となる。

2000年 中国に自社工場を設立(2007年第三者に譲渡)。

2010年 カンボジアから迎えた娘の養育のため夫の国シンガポールに移住。毎月日本とシンガポールを往復する生活を始める。

2012年 シンガポールで日本製ファッショングッズ販売会社設立。

2016年 創業100年を契機に家業の会社を第三者に譲渡し、シンガポールに完全移住。

2017年 石垣島に夏季のみ営業の古民家を改装したカフェオープン。日本での拠点を石垣島に移す。

2017年~2018年 シンガポールの調理師学校に通い初級調理師免許取得。シンガポール飲食店数店で修業。