ミセス・ロウのシンガポール/石垣島デュアルライフ

50代から二拠点生活。都会&田舎で暮らす。

Cook & Eat

作るのも食べるのも人生の醍醐味。

バナナ豊作

今年は台風襲来前に嬉しいほどバナナがなってくれました。

買って良かった調理器具⑪ ~ チーズスライサー

ちょっと邪道な使い方ですが。

休日のスーパー手抜きビストロ料理

お財布にも優しい手抜きです

買って良かった調理器具⑩ ~ シリコンカバーつきトング

オマケでもらってこれだけ活躍している道具はめったにありません

買って良かった調理器具⑨ ~ レモンゼスター

レモンゼストをこんな風に使うとしって重宝するように

買って良かった調理器具⑧ ~ IKEAの取っ手つきステンレス皿

オーブンの天板を洗わなくてもすみます。

買って良かった調理器具⑦ ~ テフロンコーティングのティーケーキ型

料理本ではよくみかけるのに探してみたらなかなかないのです。

買って良かった調理器具⑤ ~ OXOのサラダスピナー

これがないとサラダがまずい。

いろいろ使える辛くないドライ・サンバル

ちょっとサンバルの見方が変わります。

買って良かった調理器具④ ~ ビアレッティのエコでマイルドなエスプレッソ・メーカー

フィルター切れでも美味しいコーヒーが飲めます。

調理師学校の一日講座はイチオシ

日本にもこんな講座がありました。

とても使い勝手がいい濃縮チキンストック

これは絶対に買いの万能調味料です。

副菜の呪縛

毎日の献立を考えるのが憂鬱、なのは副菜の呪縛に囚われているからでは?

買って良かった調理器具③ ~ KitchenAidのミキサー

これを使うようになってから料理(特にお菓子やパン)方法がずいぶん変わりました。

買って良かった調理器具① ~ Brawn RiceはStaub鍋で。

調理器具のお気に入りの一つStaubの鍋。道具は大事ですね。

シンガポールで街角の八百屋が復活

日本産の野菜や果物がお手頃価格で買えるお店。愛用中です。

夕食は三菜から二菜に。その分手間をかけて。

料理の品数を減らしてその分手間をかけるとプロに味が近づきます。

究極にゆるーいお料理教室

平日昼間の公民館のお料理教室は、先生も生徒もゆるーい雰囲気にどっぷり浸かっています。

ピクニックwithオーケストラ

本物のクラシック演奏を聴きながらのピクニック。バロック時代の宮廷に紛れこんだような贅沢です。

イスラム教徒御用達市場、Geylang Serai Marketでショッピング

近所のマーケットはイスラム教徒御用達の巨大ハラル市場です。

念願のブレンダーを入手して文化の違いを知る。

やっと入手したフィリップスの高機能ミキサー、お値段のわりにはマニュアルがアレで、使いこなすまでには時間がかかりそう。

なぜりんごのお菓子ばかりに物語があるのだろう?

本日焼いたのはタルトレット・ノルマンディー。りんごのお菓子には食べるたびに思い出す物語があります。

105人分のディナー準備のことを想像しただけでしんどくなった話

本日は16人分のピザを焼きましたが、その後行った叔母の家で毎年105人分のディナー作っている話を聞いてまだまだ修行が足りないと思ったワタクシ。

インド、ケララ州のハルヴァのお味は・・・

ハルヴァを探してムスタファ・センターをうろうろ。購入したインド、ケララ州のハルヴァの味は、意外にも〇〇にそっくりでした。

ハルヴァに惹かれてタヒニ・ブラウニーを作ってしまった顛末

オットレンギ・レシピのタヒニとハルヴァ入りブラウニーを作ろうとしたのですが、ハルヴァで躓いて思いは米原万里さんに。幻の味は意外と身近な味かもしれない。